LEDは白電球より照明が節約出来ます

LEDの歴史などがあります

LEDは1990年頃から青色発行ダイオードが発売されてから少しずつ評価が高くなってきています。

消費電力を少しでも低くすることによって白電球より節約することが可能で10年間ほど替えないで使えることが出来ます。

しかしながら、すべての箇所に合う照明が開発されていないので白電球を使わないといけない場合があるので注意が必要になっています。

一部を除いては白電球の生産が終了しているので購入することが出来ないかもしれないです。

照明は節約が出来てコストも制限されています

特徴としては、透明で明るさもありながら電力を使わないで良いので安心して利用出来ます。

蛍光灯の場合は、水銀を使用しないと作ることが出来ないですがLEDの場合は水銀が必要ないのでコストを抑える効果があります。

しかしながら白電球よりも価格が高くなっているので購入する時に悩んでしまう場合がありますが、節約が出来る点を考えると我慢して購入する勇気が出てくるかもしれないです。

使われているガラスも強度を高めているので割れにくいようになっています。

LEDは長持ちをして交換時期があります

LEDは半導体ですので、2万時間から6万時間程度長持ちするので交換をする手間を省くことが出来ますが電線やスイッチの部分は、経年変化を受ける関係で交換時期が決められています。

明るさも少しずつ変化をして寿命が表れる時もあり輝度も50パ−セントになるまでは綺麗に光っていますが、蛍光灯より少し違いがあるので電球のほうが短い感じがします。

一部使い方によっては静電気などで破壊されてしまう場合があるので注意です。

LEDライトパネルは従来の照明付き看板よりも明度が高いので日中でも目立たせることが出来ます。また、LEDライトは紫外線を出さないので虫が集らず、屋外用の広告看板に適しています。