進化を続けている美容医療

紀元前から始まった歴史

美容整形の歴史は、なんと紀元前500年から始まったのです。古代インドのある書物によれば、当時は刑罰を受けた人には鼻を削るという行為が行われていて、彼らが社会復帰する際に、鼻を復元する手術をしていたようです。この知識はやがてギリシャ・ローマ文化圏まで広がりますが、キリスト教の厳格な規律によって一時停滞します。再びこの手術が復活するのは16世紀のイタリアと言われています。そして現代の美容医療の礎と言える処方が定着・発展したのは19世紀中頃です。

美容文化・美容医療が日本にも

まずは欧米各地に広まり、この美容技術が日本で最初に導入されたのは明治初期です。そして第二次世界大戦後に一気に欧米の美容文化が日本に流入し、多くの女性たちがこの技術を求めるようになります。さらに80年代に入ると医療機器や薬品の開発、そして医療技術の進歩は急激に加速します。とくに90年代はメスを使わなくとも美しさを手に入れることのできる技術が登場し、一般の女性の間でも美容医療に関心を示しクリニックに通う習慣がもたれるようになります。

常に進化を続けている

そして現代の美容医療の現場は、美容マシンの存在なしには語ることはできなくなっています。ここ数年で新たな美容マシンが続々と現れ、数年前に登場したマシンもすぐに進化版が出現するといっても過言ではありません。これにより、美容医療は以前より安全で痛みを伴わず、施術も短時間ですむようになり、早く結果を出すことができるようになったのです。このように、美容医療の歴史は古く、そして常に進化を遂げています。近い未来には肌に全く痛みやショックを与えずに、理想的な顔を手に入れる技術が出現するかもしれませんね。

クリトリス包茎とは、クリトリスがクリトリス包皮によって覆われている状態のことを言います。クリトリス包茎があると恥垢が溜まりやすく、感染症や匂いの原因になる場合があります。