包茎の仕組みとその種類

男性のペニスの包茎について

包茎とは、男性のペニスの先端にあたる亀頭が皮膚で覆われている状態のことを言います。大人になるにつれて、自然と皮膚が離れて亀頭が露出した状態になりますが、成長が遅かったり皮膚が多いと露出せずに皮膚で覆われた状態になってしまいます。亀頭が露出せずに皮膚で覆われてしまうと、様々な弊害をもたらすためクリニックなどで治療することが必要になります。また包茎には3種類あり、それぞれ治療法が異なるのが特徴となっています。

仮性包茎の治療法について

まず、1つ目である仮性包茎とは、通常時は亀頭の一部及び全てが皮膚で覆われていますが、勃起をすると亀頭を全て露出することが出来ることをいいます。一番重症度が軽く、治療が必要のないものもあります。ただ、通常は皮膚をかぶっているため、亀頭が刺激に弱く早漏の原因となることもあります。手術では、余った皮膚を取り除き亀頭の首元で縫い合わせる治療法があります。軽度のものなら矯正リングなどが販売されておりそれらを利用して自然と治すことができる場合もあります。

手術が必要な包茎の状態とは

カントン包茎や真性包茎などといったものは、皮膚を露出させようとすると痛みを伴ったり皮膚が元に戻らずに炎症を起こすことがあります。それだけでなく、亀頭や陰茎と皮膚との間に垢が溜まり、臭いの原因になります。また、酷くなると陰茎癌など重大な病気の原因となってしまいます。また、コンドームが外れてしまう、女性の子宮頸がんの原因となるなどパートナーにとっても死活問題です。泌尿器科やクリニックなどで手術をすると、簡単に解消することができるためまずは診察を受けることが必要です。

包茎のままだとその内部に垢やカスがたまって不潔になりがちです。病気になるのを防ぐ意味からも、それを治す必要があります。