太陽光発電投資の方法はパネル貸出か出資か

まだ新しいシステムだから

わが国で、電気の全量買取り制度が完備されたのはつい最近です。2012年に始まったばかりで、まだ数年しか経っていないので、先のことは不透明です。とはいえ、それは何事に関してもそうですね。日本でレベル7の原発事故が起きるなんて、ほとんど誰も想像していなかったわけだし、事故は絶対起こらない、という前提ですべてが回っていたんですから。太陽光発電への投資も、どういう結果になるのかは誰にもわからない面があります。

パネル貸し出しか出資か

太陽光発電に投資する方法としては、太陽光パネルを発電会社から購入し、それを発電会社に貸し出してパネル使用料を得る、という方法と、太陽光発電ファンドに投資する、という方法があります。破綻した場合を考えると、パネルを貸し出していた方が、パネルは戻って来るからまだ安心と言えるのかもしれません。いずれにせよ新しい方法ですから、よく吟味して決めたいものですね。さまざまな会社やファンドがありますので、各社を比較して決めましょう。

ただ貢献したいだけでも吟味を

最大の目的は地球環境を守ること、ということであっても、投資先には吟味が必要です。ちゃんと太陽光発電をして、太陽光発電の比率を上げるのに役立っているのかどうかも見ていく必要があります。太陽光発電を本当にやっているのか、というところまできちんと確認しないと、善意も無駄になってしまいます。現在は過渡期ですし。成熟気に入ってからだって、きちんとしたところばかりとは限らないわけですので、入念な下調べが必要です。

太陽光発電は小規模な設備で発電が出来ることから住宅向けの設備が広く普及しています。住宅で消費する電力を賄えるのが利点ですが、発電量は気候に左右されやすい点を注意する必要があります。