どれを選べばいい?外壁塗装に使われる塗料の種類

主流となっているシリコン系塗料

外壁塗装を依頼するのが初めてだと、塗料の種類を選ぶのにいろいろ迷ってしまいがちですよね。そんなときには、外壁塗装でも主流となっている、シリコン系塗料を選ぶのがおすすめですよ。シリコン系塗料は汚れにくいだけでなく、耐久性も高いのが特徴になっていますね。外壁塗装に使われる塗料の中でも、圧倒的なシェアを持っているんです。たくさんの住宅で使われている実績があると不安も少なく、安心して選ぶことができますよね。

高層階に向いているフッ素系塗料

外壁塗装に使われる塗料の中でも、高層階に向いているのがフッ素系塗料なんです。高機能だけでなく、塗装もかなり長持ちするのが特徴になっていますね。塗装工事は、足場を組むといった大掛かりな作業となりますよね。3階建ての家など、高層階では工事期間も長くなりがちです。フッ素系塗料を使えば、一度の工事で効果が長持ちするので、次回の工事までの期間にも余裕が出てきますよ。家の面積が広い、という場合にもおすすめですね。

環境にも優しい光触媒塗料

次世代の外壁塗装として、注目を集めているのが光触媒塗料なんです。太陽の光を利用して汚れを浮かし、雨によって汚れを洗い流せるのが特徴になっていますね。自然に汚れが落ちるのは、メンテナンスの手間も省けるので助かりますよね。また、空気をきれいにしてくれる効果もあり、環境にも優しくなっているんですよ。光触媒塗料を使った外壁塗装は、認定を受けた施工店でしか行えないので、事前のチェックが必要になってきますね。

外壁塗装の遮熱塗料を選ぶ基準として、耐久性や安全性などに目を向けることで、住環境の向上に役に立ちます。