スマホ開発でも活躍!?リバブレーションチャンバーの役割

スマホ開発で利用されるリバブレーションチャンバー

スマートフォンや携帯電話では無線を使ってデータのやり取りをしていることはご存知のことと思います。そこで無線アンテナの開発段階では実反射環境を作り出すことができるリバブレーションチャンバーという機器が必要不可欠な存在となってくるんですよ。スマホや携帯電話に使用される無線機用テスターと一緒に利用することで無線アンテナの性能評価をすることができますので、リバブレーションチャンバーを活用することで性能に優れているスマホや携帯電話を作ることが可能になるんですね。

小型化してきているリバブレーションチャンバーの魅力

かつては実反射環境を作ろうとすると大掛かりな設備が必要になってしまうことから、中小企業などでは手が出せないということもありましたよね。しかし最近ではリバブレーションチャンバーも高性能でありながら小型化される傾向が高まってきておりますので、一般的なオフィスでも無線アンテナの性能検査ができるようになってきているんですよね。さらにリバブレーションチャンバーの製造コストも下がってきておりますので、低コストで購入できるというメリットもあるんですね。

リバブレーションチャンバーで測定できること

最近では無線端末も多くなっており、開発においては多角的な検査が必要になっているという背景がありますよね。そこでリバブレーションチャンバーを利用することで、無線端末に対する総放射電力や双方向性受信感度、さらにスループットなど様々な項目検査が可能になってきますので、製品開発や性能評価においては欠かせない存在となってくることでしょう。無線端末の多様化で無線技術も発展してきておりますので、効率的に検査するためにもリバブレーションチャンバーの活用が重要になってくるんですよ。

リバブレーションチャンバーとは、スマートアンテナの評価に必要である、再現性のある実反射環境を作ることの出来るものです。